弊社で販売しているおすすめの屋外用防犯カメラをご紹介します

屋外用の防犯カメラにありがちな失敗例は、設置場所が高すぎるというものです。もちろん、高い場所の方が広い範囲を写せるのですが、反対に人の顔がはっきり映らない、車のナンバーが見えない、SDカードの交換がしづらい、といったデメリットもあります。

地域の自主防犯活動の一環として、地域が設置する防犯カメラの設置費用に補助金を交付し、防犯カメラの設置による街頭犯罪の防止を推進します。

防犯カメラの形状には、大きく分けてボックス型とドーム型の2種類があります。形状を選ぶ際は、用途に従って判断しましょう。

「ワイヤレス防犯カメラを設置したいけど自宅の壁を傷つけたくない」、「ワイヤレス防犯カメラの電源配線で壁面に穴を開けたくない」、「ワイヤレス防犯カメラのネジ穴すら壁面に開けたくない」、など多くのお問い合わせがあります。それを解決する方法が、NS-M8Lです。弊社ワイヤレス製品すべてに対応するクランプになります。

外壁に防犯カメラを設置する場合は、その高さに注意しなくてはなりません。
また、外壁に穴をあけたくない場合は施工にコツが必要となります。

屋内用防犯カメラの場合は、リビングの天井の中央に設置することで部屋全体をカバーできます。ただし、部屋の中央には照明が付いていることも多く、設置場所が確保できないことも。そんな時は、天井の四隅のうち、窓やドアを捉えることができる場所に設置するのがおすすめです。

「HRD-440KN」は、AHDカメラ4台を接続できるネットワークビデオレコーダーです。
AHDの防犯カメラと同軸ケーブルでつながり、最大400万画素の画質で映像を録画することができます。
弊社では、非常に販売台数の多いモデルです。
スマホでの遠隔監視が月額無料でできるDDNSサービスが付属されています。

弊社で販売しているおすすめの屋外用防犯カメラをご紹介します。

ソーラーパネル付きの防犯カメラも便利です。コンセントがなく、wifiも届かないといった場所でも使えるので、畑や駐車場、家から離れた門の上などに設置したい人におすすめ。

防犯カメラが撮影した画像や動画は、SDカードや専用のクラウドドライブに保存されることが一般的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました