防犯の窓口が 「サッシタイムス」に掲載されました

交通防犯課では、交通安全、防犯対策、放置自転車対策、交通安全施設の設置・維持管理、コミュニティバスの運行に関することを行っています。

現地審査終了後、判定委員会が開催され、認定基準に適合するものは「防犯優良マンション認定登録証」及び「認定プレート」が交付されます。 不適合の場合は、経過報告書により改善事項等が通知されます。

防犯の窓口が、「サッシタイムス」に掲載されました。

元々ある錠とは別に、防犯効果を高めるために補助として取り付ける錠のことです。
侵入時間がかかることを侵入者は嫌うので侵入防止に有効な手段です。

人権交通防犯課には、人権推進係、公共交通係、交通防犯係の3係があります。市民相談や男女共同参画の推進、コミュニティバスの運行、交通安全、防犯に関することに取り組んでいます。

警察庁によると、1日に約132件も空き巣を含む侵入窃盗が発生しています。物騒な世の中だからこそ、防犯対策は万全でありたいですよね。

パナソニックのスマ@ホーム 開閉センサーは、警戒モードに設定しておいた場合、ホームユニット・開閉センサーから報知音が鳴り、近くにいる人に知らせしてくれます。
また、スマホにも通知可能 です。
接続方法も非常にシンプルで、専用アプリをダウンロードしたスマホを、無線LANに接続したホームユニットに登録するだけ。最大8台までスマホの登録が可能です。
家族が普段外出している時や、長期で自宅を留守にする際の防犯対策におすすめです。

家の侵入に対向する防犯アイテムはたくさんありますが、それを総合的にカバーする商品としてホームセキュリティーセットがあります。
ホームセキュリティといえばセコムやアルソックが思いつくと思いますが、月々の警備料が発生します。
当店で販売している設定は自分で管理するタイプですので月々の費用の発生はありません。

より一層の市民の防犯意識の高揚を図り、一件でも犯罪を少なくしていくために、市内では企業の皆さまのご協力により、大型ビジョンで、本市の防犯広報を流していただいています。

センサーライトは比較的簡単に設置出来て効果を期待できる商品です。
ご自宅はもちろん車庫や倉庫など様々な場所で防犯に利用されています。
電源のない場所でも使用できる乾電池式やソーラー式のものもございます。

加えて、都市防犯研究センターの調査による統計では、侵入までに10分以上がかかる場合、空き巣は犯行を諦めるとのデータもあります。10分以上かかっても諦めない空き巣は8.6%と、非常に低い割合だとわかります。即ち、窓と玄関の防犯対策を行い、侵入するまでに時間をかけさせることができれば、空き巣被害に遭う確率は一段と低くなるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました